yudayaの釣りブログ(仮)

道南、函館周辺での釣行記がメインです。 ロックフィッシュ(ほぼソイ)にサクラマス、ヒラメにイカと幅広く狙ってます。

クロソイをいっぱい釣るために…《漁港編》

これは完全に僕なりの考えなので、それは違う! とかのクレームは受け付けてませんのであしからず(笑)



《タックル》

ロッドは、遠投する、しない。使うリグの重さ。ソフトなのかハードなのか。それによって変わってくると思いますが、ミディアムクラスのロッド。

リールは~3000番くらいあれば十分かなと思います。


僕の場合、ミディアムのシーバスタックル9.6フィートに3000番のハイギアにPE1.2号の組み合わせでやってます。

若干オーバースペックではあるんですが、不意の大物やヒラメ、そしてハードも使用可と使い勝手がいいからです。


《リグ》

ぶっちゃけワームは自分の信頼出来るもの、シンカーは流れがあっても底を取れるもので良いと思います。

これも僕の場合ですが、ワームは4インチ、シンカーは10~14gをメインに使ってます。

もっと軽くてもいいんですが、流れが速いと負けちゃいますし、着底まで遅いのは好きじゃないんです(笑)

↑これにらフック2/0、カラーはホワイトやグロー、チャート系がやはり強いです。 信頼出来るワームが2~3種類、それらが数色あれば足ります。



《ポイント》

まず、クロソイを釣ろうと思ったら、大抵の人は漁港に行くと思います。

じゃ、どんな漁港でもいいのか?っていうとそうでもなく、なるべく深さのあるところ。そして流れのあるところ。


これが最低条件だと僕は思ってます。 浅いところでも釣れないことはありませんがサイズはあまり出ません。 ベイトを追って浅場に来る場合もありますが特殊なパターンなので省きます。


なので港内よりはやはり外海側、それにより近い所の方が釣果は上がると思ってます。


そして、根でも岩礁帯でもテトラでも、人口、自然問わずストラクチャーのあるところ。 クロソイは流れに乗って移動しながらベイトを探してると思うので、ベイトの溜まるストラクチャー周りは経験上強いです。

漁港はそんな所を探すといいと思います。



でも、ここはいいかな?と思うような漁港を見つけても、ぶっちゃけ何処に何があるかなんて、よほど通ってないと分からないと思うので、そんな時は漁港周りに積んであるテトラポッド周りを探ると間違いないと思います。


注意して欲しいのは、テトラポッドは見えてる範囲だけじゃなく、沖に向かって海中にも伸びているので、満干潮やその漁港にもよりますが、見えている所から更に4~5mは伸びてると思って下さい。


そして、そのテトラの切れる所、海底との境目が狙い目です。



《フォール》

ポイントを決めてキャストしたら、着水後、ベールを戻しテンションを掛けならがフォール(カーブフォール)させます。

フリーフォールでなくてカーブフォールなのは、ソイが浮いていた場合、フリーフォールではアタリが取りにくいからです。

浮いていた場合、フォール途中でもバイトが出ます。着水とほぼ同時にバイトが出る場合もあります。

そんな時、フリーだとほぼフッキング出来ません。 その為のテンションフォールです。


表層で喰ってくる場合、相当喰いが立っている状態なので釣るのは比較的簡単で、何にでも喰ってくる事が多いです。

表層で反応が出ない時は、カーブフォールさせながら弱めにアクションを加え、各層を探っていきます。

そうやってその日の遊泳層を探します。表層で反応がある時、ボトム付近でしか反応がない場合と、その日によって様々です。

ボトムに反応が集中するようならフォールはフリーでも問題ありません。


反応のある層を見付けたら重点的に攻める事で数を釣る事が出来ます。



表層から底層~広範囲にキャストしても反応が出ない。 そんな時はシンカーを軽くしたり、ワームカラーorサイズを変えてみて下さい。これで反応が出る時もあります。


それでも駄目なら移動して下さい。←僕はワームチェンジが面倒なので分かっていても即移動します。


ソイというのは面白く、その日溜まってる場所がある事が多いです。

他のところが全然釣れないのに、そこだけは釣れる…群れで泳いでいるからなのか、そんな事が多いんです。

ここを開拓出来るか出来ないかで釣果は相当変わります。周りが釣れないなか、1人爆釣してニヤニヤする事も可能です(笑)



これらを全部試しても全然駄目な時もあります。

そんな時は…



諦めてください(笑)自然が相手なのでどうしたって駄目な時は必ずあります。

ただ、そんな中でも次に活かせる事は必ずありますから。



…やっぱ長いな。

晩秋のナイトロ&エギング…

先ず、2018年11月4日 (日)

日曜日だってのに仕事がありやがったんですが、いつもより少ーしだけ早く終わったのでナイトロに出撃。


砂原方面にカジカでも狙いかな?と思いながらTwitterを眺めてると、砂原激渋なんてツイートがあったので、おとなしく諦め、久しぶりに知内旧ホームへ。


最近は釣れてる話をあまり聞きませんが、まぁなんとかなるだろと定番ポイントを攻め、数キャスト、ボトム近くでバイト有り♪


↑引きからそこそこかなと思うもスレンダーでそれほどでもなかった(;^ω^)


なんだイケるじゃん! 今日はボトムパターンか♪ なんて思うも後が続かず沈黙。 ランガンしてみるも全く反応がないので、潔くホームへ移動。


…するも、こっちも渋い(;´Д`)


結局、全部で4尾かな、潮も動いてなかったし、こんな日もあるよね。



で、昨日11/05。

前日、知内に出張したあとに釣り仲間のしまさんからイカ釣れてるよ!と一報が。 が、流石に知内から戻ってのエギングは厳しい。


そんなワケで翌日にエギングへ。


今回は久しぶりにチームTwitterの4人(しまさん、花音さん、Shun君)+Shun君の友人の5人でのエギング。


先にやってた、しまさんと花音さんに合流するかたちでエギング開始。

先行組のしまさん、花音さんはもう既に釣ってます。


が、焦っても焦らなくても大した釣れないのは分かってるのでマイペースで開始。


わりと早めに1杯目の豆イカはゲット出来ましたが、そのあとは忘れた頃に釣れる感じ(;^ω^)


その間にも、Shun君、友人、花音さんはいい感じで釣ってらっしゃる…いつもなら、凹みかけるところですが、エギング番長のしまさんがこの日は何故か不発。


しまさんで駄目なら仕方ないなよな、とマイペースを貫き…

↑なんとか5杯。ちなみに他のメンバーは皆10杯近く上げてました。

バラシがなければもう少し釣れてたハズなんですが、それも実力のうち。



久しぶりに雑談しながらのエギングが楽しかったので良しとしときますか(o´罒`o)

《番外編》Mr.Children 【重力と呼吸】ツアー 感想

ネタバレ、個人的な感想、釣り話は皆無、そして長い、の四重苦なのでスルーしてくれて構いません。 どうしても書きたかったので(笑)


2018年10月28日 (日)

ブログではほぼ触れてませんが、この私、Mr.Childrenの大ファンで、釣行の行き帰りのBGMはほぼ彼ら。

日常的にも、テレビより彼らのライブDVDを観てるほうが多いくらい、わりと熱心なファンであります。


ある日、朝イチTwitterチェックをしてると、Mr.Childrenライブツアーという情報。

「札幌ね、いつ来んの? 日曜なら時間次第でワンチャンあるかも…」なんて思いツアー日程をチェックしてると、なんと『 函 館 ア リ ー ナ 』の文字が!! しかも、土曜、日曜の2days!!!!


そりゃあの狭さで1dayだったら暴動モノか…と、そこだけは一瞬で納得。


全てが目を疑うような衝撃の光景でしたが、冷静になった”つもり”であとに起きてきた嫁に速攻で話をし、申し込みを決意。


申し込み日はまだ先で、その日で当落が決まる訳でもないのに、ずっとソワソワして気が気じゃない! そんな日常を過ごし、なんとか生きて申し込み日を迎える事が出来ました。神様ありがとう。


当選発表は後日メールで…それもまだまだ先…当たらなかったどうしよう、なんて考えも仕方ない事を考えながら、こっちも無事に発表日を迎え、その結果は…



「チケットのご用意ができました」うん、知ってた♥



それからも色々ありましたが長くなりそうなので割愛。もう既に長いね、知ってる。でもまだ書きたい。



そして、待ちに待った当日。 電子チケットの手続きやツアーグッズも購入したかったので、嫁さんの友人を迎えに行き、早めに会場へ。 地の利&嫁力を使い徒歩5分の所へ駐車(・ω・)v


先ずは混んでるだろうグッズ売り場へ。しかし、思ったほど混雑はしてなく一安心。

全て買っちゃいたいくらいでしたが、そうなると4万を超える(×2なので)ため、高額のパーカーや似合わないだろうキャップは泣きながら諦めて…

↑生活に響かない程度、ラバーバンド×3、Tシャツ×2、タオル×2、キーホルダー×1、バッグ×1を購入。


即、トイレに駆け込み、Tシャツを着て、タオルを首に掛け、ラバーバンドを装着し戦闘準備は完了!

もうね、この時点で気持ちいいの♪ ライブはもう始まってますね。


次はツアートラックの前へ。

↑よく見ると田原さんの前にワンコ。愛犬クルですね(Twitter調べ)

↑ラバーバンドも記念に。ラバーバンドは初日と2日目で柄が違ったみたい。 初日のはモノクロでこれまたお洒落でした。欲しかったなぁ。


やる事やって、時間もかなり余ってたハズなのにあっという間に開場時間。

面倒だと聞いていた電子チケットでの入場もあっさりと終わり、指定された北ブロックの真ん中あたりへ。


やはりというか、当然ですがドームより狭いのでステージが物凄く近い!

2階でもメンバーの表情まで見えちゃうんじゃないかってくらいの近さ…ま、贅沢を言えばもう少し前でも良かったかな~(笑)


そして開演の4時を過ぎ、アリーナ内の照明が消され、まだかまだかとじりじり焦らされて…



ようやく1曲目のSINGLESのイントロ、からの~Mr.Childrenの4人の登場に会場からは大きな歓声が!!

ここに居る殆どの人が函館になんか来るわけねぇ!と思ってたハズなんですから当然の反応ですね。


人生2度目の生Mr.Children、素晴らしすぎる!! 因みに嫁さんは4度目…生意気だ。 しかし、相変わらずの優しい生声。テレビとかDVDよりずっと優しく聞こえるのは僕だけ?

そして後ろのベテランお姉様からは『可愛い、可愛い♥ 』の声。 男目線でも格好良いんだから当然の反応ですね。

そして今日の桜井さん、声めっちゃ出てる! 調子いいみたいで良かった~(´>ω<`)


なんか色んな感情がごちゃ混ぜになりながら、早くも2曲目のMonster。 ライブ向きの曲で更に観客のテンションを上げ…


3曲目のhimawari。 これは映画主題歌で世界観がハマっていた曲(嫁さん談)なので観た人は更に感動した曲でしょう。


4曲目は幻聴。前アルバムREFLECTIONでの四天王の一人。因みに四天王とは、未完、fantasy、Starting overね。歌詞に合わせて桜井さんが前に踏み出す仕草が良かった。


5曲目のHANABI。自分の記憶とリンクする曲なので特に好きな部類に入るんですが、有名すぎて、好きだと言うとにわか臭が半端なく好きだといいづらい曲。


6曲目はNOT FOUND。Mr.Childrenの中でも1、2を争うくらい好きな曲。 365日みたいなベタベタしたラブソングじゃなく、シニカルな視点からの詞が堪らん。

そして、『愛という 』『IとYOU 』 の韻『浮き沈み 』→『uh kiss me 』が聴きたかった。 生で聴けて本当に良かった。


7曲目、忘れ得ぬ人。 これもREFLECTIONから。


8曲目、花~memento mori~ 連続で聴かせる歌。


9曲目、addiction。 大人しい曲の多いnewアルバムの中では目立つ曲ですね。


10曲目、Dance Dance Dance。これは凄く楽しみにしてた曲。セトリを見る前、これかロックンロールは生きている、のどっちかはあって欲しいと思ってた。


11曲目、ハル。


12曲目、and I Love You。某カップラーメンのCMで流れていた曲。サビが素晴らしいよね。 この頃にはもう嫁と付き合ってて、凄くいい曲だよ、と言った記憶がある。恥ずかしい。


13曲目、しるし。これもドラマ主題歌だった曲。 同じドラマ主題歌ならSignの方が好きかな。


14曲目、海にて、心は裸になりたがる。夏に釣りに向かう車中、釣りをしてる最中に聴きたい、口ずさみたい曲♪


15曲目、擬態。富を得た者はそうでない者より~のくだりが大好き。 この手の坊さんの説教っぽい歌詞は大好物。


16曲目、Worlds end。この辺だとちゃんとMr.Childrenを聴いてない人には分からなそう。ライブ向きだと思う曲。


17曲目、皮膚呼吸。 ぶっちゃけ、ライブで聴くまではそんなんでもなかったんだけど、桜井さんのMCのあとに聴いて大化けした曲。 ティーンネイジャーではない僕には物凄く沁みる曲でした、ごめんなさい。


18曲目、here comes my Love。ここからはアンコール。これもドラマ主題歌。今アルバムではかなり好きな部類。


19曲目、風と星とメビウスの輪。 GIFTのカップリングだったよね、確か。これも分からない人が多いだろう曲。聴き入ってた人とポカンだった人が居るはず。


20曲目、秋がくれた切符。個人的にカップルじゃなく、結婚した二人に向けた曲かなと。新鮮味はなくなっちゃったけど思いやりはちゃんとある、そんな二人にあいそう。


21曲目、Your Song。アルバムを代表する曲。予想ではオープニングに持ってくるんじゃないかなと思ってたんですが、よくよく考えたらここかなと。



こんな感じで、あっという間に全曲が終わってしまい、桜井さんの最後の挨拶。ステージ上の全員を紹介しライブは終了。

感想として、Mr.Children最高!!ライブ最高!! それ以外有り得ません。

でも桜井さんのMCはもっと聞きたかったなぁ、と。ま、桜井さんから「函館」のフレーズも聞けたし良しとしておきましょう。



そして唯一悪かった点、これを書いてる時点でも全然余韻が抜けないところ。責任取ってなんとかして欲しいです。


桜井さんが言っていた『また(函館で)ね』を信じて、また会える日まで頑張っていこうと思った一日でした。何年後になるかなぁ。



いやぁ、まだ書き足りない!けどこの辺で。このブログ、2年やってるけど最長だったな~、釣りは無関係なのに(笑)



追記…Day by Dayで、so Day by Day and Day by Day♪が、それは愛で、and Day by Dayに聴こえるのは僕だけ?